体験レッスンリポート

今週、体験レッスンのお申込みがありました。

当教室では、基本的に生徒さんと保護者様で体験レッスンに来て頂いています。

当日は、英語学習が初めてで、ちょっと緊張気味の3年生、Y君とお母さまが参加してくれました。

今日の気分や、お天気を英語で確認したのち

メイン教材の「BBカード」でビンゴをしました。

ダイヤの絵カードを取り出して、英語で16枚を数えてから4X4に並べます。

「カードを見るのは初めてだけど、これからカードのセンテンスを聞いて当ててね。違っていても大丈夫。」とスタート。

「Mad Monkey made a lot of money.」どれだと思う?

「Monkey」がキーワードになり「ピンポーン!当たり」

「Dorry Dimpple danced with a dog.」「dog 」でピンポーン。

当たりにくいカードはヒントを出しながら、1枚ずつカードと対面します。

このように順調にgameは進んで、4枚残して終了。

「How many bingos did you get?」ビンゴはいくつできたかな。

一緒に英語で数えて、ビンゴの数だけチップを渡します。

お母さまも一緒にビンゴをやって頂くので、お母さまにもチップを。

ビンゴゲームでは16枚中12枚のカードを読みます。1回ではすべてのカードに触れることができないので、2回目もビンゴをします。

2回目は知っているカードが再度読まれるので、自信を持ってカードを裏返すことが出来ます。

2回目のビンゴの数を数えたら、残り4枚のカードも読み上げて、すべてオレンジ面にしてしまいます。

次に頭脳ビンゴに挑戦するためです。

今日初めて見たカードがすべて裏返っている。

どのカードがどこにあるのか、覚えようとしていない状態でのゲームです。

しかし、カードのセンテンスが聞こえてくると、不思議と絵が思い浮かぶようで、正しいカードをめくることができるんです。

最初、不安そうな様子だったY君も、1枚目2枚目とカードの場所を当てるごとに笑顔が見えてきました。

そして、ついに、パーフェクトで12枚を当てることができました。そして4ビンゴ。Y君、緊張から解放されました!

手前がY君のカードで、絵の面のビンゴを数えます。

一方、お母さまは、ゼロビンゴでした。頭脳ビンゴは大人には難しい。

次に、「Sight words readers」をご紹介しました。

ABCも教えていないのに、いきなり英語絵本と思われるかもしれませんが、

「Sight Words」とは、目で見て読めるようになってほしい頻出単語です。

何度も何度も「Sight words」に出会うことが大切です。

そのため、絵本を貸し出しています。

最後に、フォニックスの指導についてご説明しました。

そして、「AGO phonics cards」使って「ウノ」で遊びました。

何度も繰り返し、単語を発話することで、フォニックスの音の定着を促します。

「ウノ」は初めて、というY君でしたが、すごく楽しそうにプレーできました。ゲーム中は英語オンリーで声掛けします。

最後に保護者の方に、アンケート用紙に記入して頂きました。

英語を習わせたいと思った理由やきっかけについては、毎回様々な回答を頂いて、考えさせられます。

翌日、Y君からは入会のお返事を頂きました。

来週から、三年生クラスに参加します。仲間が増えて楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください