BB Dictionary

夏休み連続レッスンでは、教室に到着したら、「BB Dictionary」に取り組みます。

「BB Dictionary」は、BBカードの勉強会でお世話になっているM先生からシェアして頂いたアイディアです。

「BB Dictionary」は、「アルファベット文字」の辞書ではなく、「英語の音」の辞書です。

例えば、「S」は有声音と無声音があります。

Sister Susie sipped supicy soup for supper. 無声音の「S」の単語で構成されています。

Mr. Frog sells appples and bananas on his way home. 有声音の「S」の単語が使用されています。

無声音の「S」の単語は辞書を引けば探せますが、有声音の「S」は単語の先頭に使われないので辞書では探せません。

生徒達に、色々な単語の複数形を言ってもらうと、気づきます。

名詞の複数形には、「」の音と「」の音があること。

毎日辞書を引いていると、早く単語を見つけられる様になってきましたよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください