オリジナルチャンツを発表しよう!

小学校英語教育活動5年生23回目でした。

前回までにしたことは、国についてのポスターを作成し

一人1枚、チャンツの原稿を書きました。

1つの班はは5人のメンバーで構成されています。

班の名前を考えたり、行きたい場所、食べたいもの、買いたいものを皆で話し合い発表原稿を完成させました。

発表では、チャンツの分担を決めます。

全員でチャンツを言う、1文づつ役割を決める、振付をする等 グループで様々です。

発表時間は約20秒です。

1度で成功するグループもあれば、何回かチャレンジし大成功のグループもありました。

発表を聞く時は、そのグループの良かった点を見つけるそして、発表が終わったら拍手または、英語で褒める「イエーイ」「グッドジョブ」「オーサム」等、場を盛り上げることもやってみました。

5年生になると、声を出すのことが「恥ずかしい」「おっくう」に感じる児童が増えてはいるものの、友達と協力し発表することで、「声を出すことが気持ちいい!」と感じていることが、児童たちの笑顔から伝わってきました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください