2020年に向けて

2020年には、小学生の英語教育が本格的に変わります。

*現在の5,6年生の外国語活動を3,4年生がする。

*5,6年生は、英語が正式教科となる。

例えば、5年生では「自己紹介」から始まり、短いストーリーを読み理解する等、中1レベルです。

そして2020年からは「評価」が加わります。

英語学習に対して「不安」や「恐怖」を感じる子ども達が多くいることを知ってください。

これからは、「英語学習」は間違いなく低年齢化していくことを理解する必要があります。

なぜ、「英語学習」が早期化しているのでしょうか。

それは「語学」は、身につくのに時間がかかるからです。

積み重ねが何より大切なのは、他の教科と同じですが「語学」はさらに時間がかかります。

無理強いすると「英語嫌い」になります。

通信教育で英語を学習している子ども達も増えているようですが途中でフェイドアウトしてしまう子どもも少なくありません。

理由は色々ありますが、英語学習を継続するにはいくつかのポイントがあります。

①子どもが興味を持てる教材を使用すること

②子どもが使いたい英語を使わせること

③生の英語を毎日、少しでも聞かせること

④一緒に学習する仲間

Rainbow English では、

①子どもが興味を持つ教材=BBカード

②子どもが使いたい英語=BBカードでビンゴゲームをするためにセンテンスを言う

③生の英語を聞かせる=家庭学習での電子書籍 Raz kids の活用

④グループレッスンで競争心を育みながら学習意欲を高める

日常生活で英語を使う機会がほとんどない環境で、英語学習の大切さを子ども達に理解させることはむつかしいです。

ならば、少しでも英語に興味を持ってもらいたい。子ども達は楽しければ、自ら取り組みます。

Rainbow English では、様々な教材で子ども達の好奇心を高め、「もう1度やりたい」を目指してレッスンを提供しています。

無料体験レッスンのお申込みはこちらまでお願いします。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください