単語を楽しく学習するには?

小学校英語教育活動5年生 6回でした。

Unit 3 では、世界の学校生活について知り、教科の名前や曜日も学びます。

たくさんの単語を学習する時、どうすればよいの?

黒板にリストアップされた単語や、教科書を見ながら「リピートアフターミー」
これは、つまらないし全然記憶に残らない。

児童が自分から、その単語に注目し、発話する状況を作り出す。

*歌やゲームを通して単語を「知る」。
*何度も何度も単語やフレーズに触れる「反復」。
*自分の言葉として発話する「定着」。

本日の活動の様子

Days of the weekの歌で単語の音を知る。

ゲーム1:キーワードゲームで曜日を何度も聞く。
ルールの分かっているゲームを行う事で単語に集中する。

ゲーム2:ストレート・アクロスゲームで何度も曜日を言う。

ストレートアクロスゲームのやり方

①児童は全員立ち、ゲームを始める。
②ゲームリーダーは、曜日カードを指しながら、「What day is it today?」とたずねる。
③生徒は、「It is Monday.」と答え 自分の縦の列(ストレート)か横の列(アクロス)を選び座ることができる。
④自分の列の他の人が答えたら、座っている児童は再び立つ。
⑤全員が着席するまで行う。

このゲームでは、児童自身が座る時、縦列か横列を選ばなくてはならない。
自分が縦か横を選んだら、友達が立ったり、座ったりするので、参加型の授業になり児童が自分から「It’s Monday.」を言いたくなる状況を作り出しています。

Rainbow English のレッスンでは、簡単な英語を聞き取ることから始まり、BBカードや様々なゲーム、英語絵本を通して反復し、書くことで定着を目指しています。

無料体験レッスンのお申し込みはこちらまでお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください