英語の5文型

学校英語では5文型は中3で学習します。

なぜ5文型を学習する必要があるのでしょう。

それは、日本語と英語が全く違う文法体系だからです。

英語を学ぶ上で5文型は日本語との違いを理解するのに役立ちます。

そして英語は、5文型に則した正しい語順でないと意味が通じません。

当教室では、BBカードの絵カードのセンテンスがリピートできるようになったら

BBカードの文字カードを使い文型を知ります。

主語は赤、動詞は青、目的語は黄色、補語は紫です。

それ以外のセンテンスに付け加える情報は緑です。

実際にセンテンスに色で線を書き込みます。

油性ペンで書き込むので慎重に!

誰が? 何をした? 何を?何に? 赤と黄色はイコールかな?赤と紫は?

声掛けしながら、生徒自身が気づくように指導しています。

線を引いたカードをめくって、ビンゴを作ります。

これを繰り返すことで、自分で英文を書く時にも5文型に則って書くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください