夏休み連続レッスン③

バナナと世界のレッスンはまだまだ続きます。

バナナは、約10か月で成長し、収穫後は切り倒されてしまいます。

その茎や、葉を使って、日本の企業と現地の人々が協力して新しい製品を作り始めました。

さてそれは何でしょう。

バナナペーパーは、日本の「すき紙」の技術を利用しています。

「バナナペーパー」の工場のある、「ザンビア」の人々の暮らしが

バナナペーパーのマスキングテープに描かれています。

バナナペーパーは、和紙の風合いのある美しい紙です。

詳しくは こちらをご覧ください。http://oneplanetcafe.com/

バナナペーパーは、国連が掲げている「SDGS」の17の目標、すべてに貢献してるそうです。

この目標の中から、生徒たちと2.飢餓をゼロに 6.安全な水とトイレを世界中に

7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに 14. 海の豊かさを守ろう

これらの目標について、私たちが日常で出来ることについて考えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください