英検対策講座

今回の英検には、1年生から学習を続けている6年生のAちゃんが3級に挑戦しました。

まずは、英作文から始めました。

今まで、夏休みには1日1行日記に取り組んだり、自分のことは書いてきました。

しかし、英検3級の作文では、自分の意見に理由を付け加えなくてはなりません。

日本語で考える理由は、6年生ですから当然理論的ですが、「それ、英語で書ける?」になります。

自分の意見や理由とはちょっと違う(幼稚)だけれど、「自分の英語で書ける文を増やす」方式で取り組みました。

次は、リスニング対策です。

小学生の英検合格の決め手はリスニングを90%取る作戦です。

そのためには、リスニング解答を見ながら音源を聞き、聞き取れなかった単語とその意味を確認すること。

そして、リスニング音源に続けて音読すること。この繰り返しでリスニングのスピードに慣れることが大切です。

筆記試験は、作文問題が登場してから、5問減っています。

筆記試験で取り組むべきは長文読解です。

質問文の意味をきちんと理解してから、答えとなる箇所を探す読み方で確実に正解するよう指導しています。

そして、文の穴埋めは単語を覚えているか否かの問題なので、1問30秒で解答するように練習します。

単語を覚えるのは本人の努力に任せています。

Aちゃんは、単語帳に単語を記入して覚えていましたね。

単語や熟語の問題を解いていて、BBカードのセンテンスを思い出して説明したらすぐに理解できました。

BBカードのセンテンスは、受動態、関係代名詞、比較級、助動詞、不定詞 等々 英検3級に必要な構文をすべて網羅しています。

今週からは、2次対策レッスンが始まります。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください