トランプで英語教育活動!Go Fish!

4年生英語教育活動4回目でした。

英語の数字、10までは、ほとんどの児童は知っていますが

一人で言うとなると、自信が無い児童も。。。

さらに、11,12,13 は、発音もむつかしい。何度か言ってみてもつかめない。

ならばたくさん言ってみよう!

Go Fish の遊び方

①一人7枚カードを取る。残りのカードは山にして置く。

②手持ちのカードで同じ数字が2枚あったら、英語で番号を言い、場に捨てる。

③最初のプレーヤーは、自由に相手を指名し、自分が集めたい数を持っているか聞く。

「Do you have three?」

相手がそのカードを持っていればもらい、その2枚を場に捨てる。

カードを持っているかたずねられた児童がそのカードを持っていなかった場合

「Go fish」と言う。たずねたプレーヤーは積んであるカードから1枚取る。

④次のプレーヤーが同様にたずねる。手持ちのカードがなくなったプレーヤーの勝ち。

*このゲームには色々なルールがあります。その1つの遊び方を示しています。

 

「Do you have 〇〇?」と言えないんじゃない?と思われるかもしれませんが

子ども達はゲームに必要なことであれば、「言ってみよう!」と言う気になるようです。

ペアになったカードを場に捨てる場面では「11ってって英語でなんだっけ~。」

友達や先生に確認しています。これがポイント。自分で必要があるから「言う」。

Rainbow English では、英語カードを使い、ゲームをしながら、「言えるところから言う、自分から言う」を引き出しています。

無料体験レッスンのお申込みはこちらまでお願いします。

4年生英語教育活動、次回は10月23日です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください